2013年08月08日

日経平均終値、4カ月ぶり8600円割れ

23日の東京株式市場は、日経平均株価が全面安となり、終値が約4カ月ぶりに8600円を下回った. 日本銀行の追加金融緩和の見送りで円高が進み、企業業績が下押しされるとの懸念が強まった. ギリシャがユーロ圏を離脱するという観測から、同日の欧米市場も全面安の展開になった. 日経平均の終値は、前日より172円69銭(1.98%)安い8556円60銭. 「6月17日のギリシャの再選挙までは不安定な市場の動きが続き、8000円に接近する場面もありうる」(みずほ総合研究所の武内浩二氏)との見方もでている. 東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同11.76ポイント(1.60%)低い721.57で、今年の最安値を更新した. ギリシャのパパディモス前首相がユーロ圏離脱の可能性に触れた発言が伝わったことで、23日のアジア市場は、韓国や台湾の株価指数が1%超下落. 欧州市場は一時、英仏の下落率が2%を超えた. 23日の東京外国為替市場では、ユーロを売って円を買う動きが加速. 午後5時時点は、前日同時刻より1円15銭円高ユーロ安の1ユーロ=100円67~71銭. 激安 対ドルでは同04銭円高ドル安の1ドル=79円51~53銭. 延期してい原翔子た『フェイト/エクストラ』の発
posted by AkasakaMinako at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。